« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

『「アニメだったらオープニングがかわります!」という第101個目の記事』

うぐぅ・・・タイトルに左右されすぎて、内容が浮かばない・・・

今日は帰ってきて、ハヤテのラノベを読んで、遂に始まった銀魂の紅桜編を観てただけなんで・・・

では、以前やっていた銀魂のあらすじでも・・・

「第58話 売店ではやっぱコロッケパンが一番人気」

ある日、銀時のところにエリザベスから仕事の依頼がくる。

その仕事とは、消失したヅラの捜索願いであった。

時同じくして、鍛冶屋から妖刀・紅桜の捜索願いが来る。

ヅラの事を新八・神楽にまかせ、紅桜を探す銀時たち・・・

しかし、思わぬところで鉢合わせになることになる・・・

そこには以前倒したはずの、紅桜を持った人斬り似蔵が現れたのであった・・・

=======================================

って感じで以前やってたんだよな。なつかしい~~~!!

コメントとしては、神楽さん・・・ハヤテー!と叫んでもハヤテは出てきませんよ。みたいな(笑

んで、本題は・・・!?

ハヤテのラノベは面白いので買うべし!ってこと

ジャンプでよくある漫画の小説版ではなく、11巻以降の正式な続編。

西沢さんとハヤテとワタルが共通の友達と認識するなど、

ストーリーとして改変してるので、漫画ファンは読んどくべし!!

というか、読んどいたほうがいいです。

挿絵は畑先生が書いてるので、読んでて懐かしくなる!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

カワイイ顔には必ず何かが隠れてる

今日予備校の現代文の先生の雑談にオタクの話があって、

先生がある女子生徒に聞きました。

「もし顔が福山雅治で、声も福山雅治で、噛んでいるガムも福山雅治だけど、

家に帰ってフィギュアとか大好きで服の着せ替えとかしてる人だったら付き合う??」

っていう質問に女子生徒が付き合うって言ったときは僕も先生も衝撃を受けました。

これは以外と衝撃的で、この人にとって、顔がすべてといいますか・・・

顔がよければイイっていう人はいるんですね。

俺としては、いくら顔がよくても正確がダメならダメだと思いますが・・・

例を挙げると女優の戸田恵梨香は嫌い。

いいとも などバラエティー番組とかで私は可愛いっていうオーラが出てるから嫌い。

でも・・・・オタクもオタクで・・・・・・

理想の女性のタイプは?ときかれて、二次元で答えたり、

フュギュアたくさん買って、自分にお金かけてかっこよくしないのも

どうかと思うのですが・・・・・・・どうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二日連続同じネタはダメ

ダメとは思いつつも堀江由衣ネタパート2・・・

昨日あれからネットで探し回って「ながされて藍蘭島」を観ました。

堀江由衣出演作品で久しぶりHIT!

ほっちゃんにしては珍しく、アホ毛が無いアニメですが久しぶり輝いてるw

「いぬかみっ!」はよかったのですが、それからというもの

「乙女はお姉さまに恋してる」や「がくえんゆーとぴあ まなびストレート」や

「ネギま!?」があまりにもイマイチすぎてほっちゃんの良さがわからなかった・・・

Kanonも作品としてはよかったけど、ほっちゃんとしては最後の方以外イマイチだったし・・・

主に京アニ作品で多発する杉田智和さんや平野綾さんが使う

アドリブや声の引き出しなどが素晴らしいのだが、ほっちゃんはその系統とは違うといいますか、

なんというか、声がストレートにかわいいんだよね。たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

頼むから個室の自習室の壁に堀江由衣とラクガキする方、やめていただきたい。

だいぶ前から堀江由衣さんのラジオ聞かなくなってしまった。

なんていうか・・・聞くと眠くなりませんか?特に最後のEDが・・・

ほっちゃんは根強い人気ですよね~~

でも、今クール観てないなw

シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンドはやはり見るべきだったのかな?

保志総一郎さんや石田彰さんがいた・・・気づかなかったなぁ・・・

ぼくらの で十分だったといいますか・・・

最近バトル漫画って飽きてしまったんですが、俺だけでしょうか・・・

「俺の事はいい!!俺にかまわず行け!!」みたいなバトル漫画王道のシーンは、

この年にもなると、ゲームでは燃えるが漫画・アニメだと燃えないんだよねぇ

あとはながされて藍蘭島かぁ・・・これは俺のチェック漏れでもあったが、

これ以上アニメ情報をチェックする時間が・・・

少しは必ず観る声優をしぼらないかんな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

ツンデレ・モードで地獄行き

最近漫画・ハヤテのごとく!の読み直しをし始めたら、

ヒナギクの眼が猛禽類特有の目に見えて仕方が無いのです。しかも、一回そう見え始めたらずっとそう感じ始めましたし・・・

アニメの声やってる伊藤静さんですが、未だにヒナギクの声に慣れません。

ハヤテの声は慣れるまでかなり時間がかかりましたが、

ヒナギクの声は俺の中では田中理恵さんのイメージだったもので、違和感多発・・・

あと、地味に日野聡さんが出てるんですよね~~

なんというか釘宮理恵さんと日野聡さんが組むともうダメだわ・・・

========================================

本題ですがツンデレって意外と難しいんですね。

俺が知っているキャラで認定されているのは沢渡真琴(Kanon)だけでしたよ。

↓は認定サイトらしきもの↓

http://www013.upp.so-net.ne.jp/gon/tundere/top.html

らき☆すたの「柊かがみ」はツンデレっぽいけど、デレてないか・・・

スクランの沢近愛理とかはツンだけなんでしょうね・・・

難しい上に、ツンデレは現実だと嫌われ者になりそう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月28日 (月)

偉い人は言いました。UFOキャッチャーは貯金箱であると・・・

今さらながらも、マジックアカデミーⅣが出ている事を知って

久しぶりに始めたカヲルです。

名前は「こなた」キャラは「らき☆すた」のドラマCD版で泉こなたの声をやっている人の声。

まぁ青髪のポニーね。性格はかがみかww

見つけたら、おぉあのバカやぁって思ってくださいね。

場所がですね。千葉なのはいいんですが店が・・・

確か・・・「麻帆良学園高等部 柏校」だった気がする・・・

ゲームセンター街の一角がまさか二次元のセカイだったなんて・・・

というわけで所属が珍しい名前なので目につくと思います。

驚いたのは、キャラがアロエで名前が「このみ」で使用してる人を発見したこと!

おぉツウだな。としか言いようが無い両方とも声が落合祐里香さんw

まぁ俺も広橋涼さんだし同じか・・・

Ⅳになって、後藤邑子さん登場ですね!!

なんというか・・・和みますよね・・・うぉさすが配役ぴったりみたいな

とにかく、よろしく!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車男のせいでコミケとはなんなのかが親などに知られ困っている子供は多いはず

今年の夏俺!初コミケデビューします!!

泉こなたさんに影響を受けたからなんですが・・・

どうなんでしょう・・・

らき☆すた
ハルヒ
EVA
銀魂
スクラン
ハチクロ
ゼロの使い魔
ハヤテのごとく!
ぼくらの
ハガレン

っていうのは好きなアニメ・コミックですけど・・・

俺コミケ知識ゼロ・・・

今から知識蓄えろと友達に言われましたが・・・どうすれば・・・

誰か情報をください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月26日 (土)

慌てるな!クーリングオフというものがある

昨日更新しなかったのは訳がありまして・・・

パソコンでテレビを見れる機械を遂に買ったからです。

今流行のワンセグでは無く、ケーブルタイプのを買いました。

8000円のを買ったのですが・・・失敗でした・・・

小型なのはいいですが、まさか、あそこまで画像が荒れてたなんて・・・

画像解析機能??とかいう機能がついていないのは購入時に知っていましたが、

アレはないです。音は全然クリアですが、画面が汚いです。

家が埼玉との県境なのもあってかまともにチャンネルがとれない!!

はぁ・・・世の中金なのかね・・・

しかたがないので、チューナーであわせて、紙にメモして使ってます

目的は「らき☆すた」をリアルタイムで観るため!!

バイト代もってかれたし・・・見れなくはないんだけど・・・

はぁ・・・返品って出来ないよなぁ・・・

コレについてのコメント待ってます!!
たぶん、間違った使い方はしていません。
製品名はBUFFALOの<パソコンでマイテレビ> <PC-SMP2E/U2>です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

EVA・涼宮ハルヒに続く真相心理が駆け巡るセカイ系

今回は深夜アニメで公開中の「ぼくらの」について・・・

この作品を観たきっかけはカラオケ屋でUGAの短いCMを見て種割れ(SEEDのね)して見たのがきっかけ

最近俺の心も廃れてるのもあるが、残酷なファンタジー漫画は好きな俺ではあるが、

この作品のキャッチフレーズで鳥肌が立ってしまうくらいビビッと来た。ソレが↓

「操縦すれば死ぬ。それがゲームのルール」

ウィキペディアより↓

夏休みに、自然学習学校で海へやってきた少年少女15人は、洞窟探検をしている最中、ココペリと名乗る男に出会う。ココペリは子供達に「自分の作ったゲームをしないか」と子供達を誘う。

ゲームの内容は、「無敵の巨大ロボットを操縦し、地球を襲う15体の敵を倒して地球を守る」というもの。コンピュータゲームだと思った子供達は、ココペリと契約を結ぶ。

そして、宿舎に戻った子供達は、黒く巨大なロボットを目撃する。ここから少年たちの物語が始まる。

戦闘を重ねるにつれ、彼らは戦いの真の意味を知ることになる。

俺の友達は面白さが理解できないようで、これより「ひぐらしがなくころに?」とかいうののほうが面白いよ。

とか、逆に提示してきたが・・・

俺はこの人間の汚さが意外と好きでハマル。

漫画からアニメにわたって倫理的にかなりの修正されたが、修正してもかなりの汚さ健在です。

俺は逆にこういう人間の汚さを今の若者が観て欲しいとも思う。

=========================================

ある意味恒例になってきたアニメの声優キャスティングについて!!

俺の知っている声優の幅はかなり人と違うのは重々承知だが、

このアニメは俺にとっては豪華キャスティング!!

人の選び方がサンライズが作ったのではとでも思わせる作品

メインから脇役まで半分くらいGUNDAM系!!

ワク:坂口大助・・・Vガンダム ウッソ・エヴィン
コダマ:保志総一郎・・・GUNDAM SEED キラ・ヤマト
カンジ:野島健二・・・GUNDAM SEED DESTINY ユウナ・ロマ
ダイチ:杉田智和・・・GUNDAM SEED DESTINY ヨウラン・ケント
コエムシ:石田彰・・・GUNDAM SEED アスラン・ザラ
ココペリ:東地宏樹・・・∀ガンダム タルカ
田中美純:進藤尚美・・・GUNDAM SEED カガリ・ユラ・アスハ
畑飼浩之:鈴村健一・・・GUNDAM SEED DESTINY シン・アスカ

っていうガンダム出身者ばっかですね。

他にも有名な作品はたくさんあるのですがあえて(笑)

あとは能登麻美子さんとか川田紳司さんとか皆川純子さんや阿澄佳奈さん

こんなに豪華でいいのだろうか?ってくらい豪華

たぶん、スポンサーの関係上色んなジャンルの人気声優を呼べるのであろうが・・・

ランティスが入るとランティスばっかだったり、マーベラスは・・・とかね・・・

var brUrl = window.location;document.write(''); ">

つぅか俺、ブログパーツの使い方おかしくね??
ココログで対応してないのかな?
わかる人!!教えて!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

二次元だと髪の色がカラフルだと可愛くみえるかもしれないが、現実にはそうならない悲しさ

らき☆すたのオマケ的なコーナーのらっきー☆ちゃんねるが凄い気になったので、

(ツインテールとかツインドリルとかw)

試しに聞いてみたら結構面白かったですね。

なんというか、さすが京アニが絡んでいるだけあって他のアニラジとは違いますね。

業界を敵にするようなコーナーも存在。

今野宏美さんのラジオは以前音泉で、

リヴィエラジオを釘宮さんとやってるのを聴いた事があるのですが、

このラジオとのイメージが桁外れに違いますね・・・

なんというか・・・超一般的なラジオでしたね・・・

===========================

聴いた事はありませんが、

らき☆すたのドラマCDのほうは かがみ役が小清水亜美さんなんですよね?

小清水さんは塚本天満にしかならない気がして・・・

やったね!!播磨君!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

オタクを維持するのも偏に愛

さすがの俺も浪人生なので、できるだけ、勉強に勤しもうということになり、

去年は聞いていたアニラジを聞かないことにしました。

今年になって諦めたラジオがすでに3つ・・・

ハヤテのごとく! Radio the combat butler
音泉突破グレンラガンラジオ
らっきー☆ちゃんねる

まぁきっかけは聞きのがしなんですけど、

以前購入したスクラン二学期 ウィークエンドを全部聞き終えていない状況なので

いいかなってね・・・ww

後・・・まだ俺が青いせいかもしれないが、地声がキャピキャピというかふわふわした声の声優さんのラジオは聞くにたえられなかったり・・・

(アニメとかで声が大好きなんだけど、平野綾さんとか・・・

話変わって

結構前になりますが、初めてコンプティーク(ヒロイン)買ってみました。

らき☆すた、涼宮ハルヒの憂鬱、Kanon、要は京都アニメーション関係の特集が書いてあったので、

周囲を警戒しつつも買いました。

結果的にはわかんないことだらけでしたが、一つ驚いたのが小林ゆうさんが若かった事。

しかも、可愛かった事・・・

スクランのララや、ネギまの刹那や、銀魂の猿飛あやめ とか・・・

ものっすごいインパンクトというか強力なキャラが多いので

変わった人かと思ってしたら見た目は結構可愛かったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

私と仕事どっちが大事なのとかいう女にはジャーマンスープレックス

最近、よく言われるのが女の子に「あたしにそんな興味ない?」って言葉・・・

俺には好きな人がいてその子とは仲良くて同じ大学に行こうとしたが、
俺だけ落ちてしまい今浪人っていう状態なのだが・・・

周りから上のような言葉がよくいわれる。別に嫌いなわけではなく、タダ普通の友達として接しているだけなのだがそれがプライドでも傷つけるんだろうか。

そういう事いう人は結構ルックスもいいし、モテるんだろうと思う。

全く興味が無いっていったら嘘になるが、俺のタイプではないので食いつかない。

最初言われたときは、あぁこの人は男に囲まれて拝められないと生きていけない人なのか。

とか思ったが複数の人から言われるのでたぶん俺が悪い。

言い訳としては『男は多くは語らねぇ!!』みたいな (笑)

=============================

人にはそれぞれこうなりたいっていうのがあると思うが、

そもそもこっから間違ってるのかもしれないが、俺にとってはハチミツとクローバーの真山巧。

ウィキペディアに紹介文が載ってるがイマイチだったので、

漫画かアニメDVDを借りて見てください。映画は駄作です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

神楽とナギとルイズとシャナとアルフォンス・・・

今回は釘宮理恵さん

以前からゲーム、銀魂の神楽などマセタガキといったらこの人!といわんばかりの名声優だが、

友達に薦められてみたのが「灼眼のシャナ」と「ゼロの使い魔」・・・

まず時期が悪かった!!

ハヤテの放送開始時期とかぶり、

銀魂~神楽
ハヤテのごとく!~三千院ナギ
ゼロの使い魔~ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール
灼眼のシャナ~シャナ

これらを同時期に見ることになってしまったのである。

なんというか、前見た声が残るというか、キャラの違いはちゃんと出来てるのだが・・・

役が似すぎているのかな。観てて混乱してきたよ・・・

結局ラノベを買うのだが、結構面白いと思うのでオススメ(さすがに涼宮にはかなわないが・・・)

去年の夏に杉田智和さんで

銀魂~坂田銀時
ハチミツとクローバーⅡ~真山巧
kanon~相沢祐一

は、確か同じ時期にやっていたと思ったのだが、全くっていっていいほど

違和感なく見れた。

PS
ハチミツとクローバーのスピンオフっていつやるの?
結構期待してるんだけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

同人誌の購入は計画的に ~ 気が付くと凄い出費♪

先日、夢の中で、「らき☆すた」の「もってけ!セーラーふく」がオリコン一位になってる夢を見た。

今ネットでいろいろ騒いでるみたいだし俺も毎週録画してDVDに焼く予定でもあるのだが、

実際一位になると世も末だな。とか思ってしまうのも事実であったりする。

一般人からすると俺はオタクであり、オタク友達からすると俺は一般人レベルらしい。

要は中途半端!?なのだが実際俺はグッズとか購入することもなく部屋にはポスターとかフィギュアなんかも一個も無くあえて言うなら、MGストライクIWSPというガンプラ一個なのである。

俺自身はファッションとかに気をつけ、昔からの友達、オタ友達以外には俺がアニメ・声優が好きだってバレてないのである。

アニメとか好きなんだけど、周りには知られたくない。とか思っている人は意外といると思う。

・・・アレ?おかしいな・・・オチがみっからないや・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粘り強さとしつこさは紙一重

ふぅ・・・浪人・・・バイト生活・・・予想通りの五月病・・・
厳しい戦況をくぐりぬけ帰ってきました!!

受験勉強のからの逃避活動として行ってきたこのブログ!!
地道に駆け抜けていきたいと思います。

つぅか、このブログ初めて見る人とかいるのかな・・・
何?こいつ銀魂タイトル語っちゃってんの?思ってるんだろうか・・・

目標は毎日更新!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »